• GoogleMapsAPIの登録方法

    GoogleMapsAPIは無料で登録、無料で利用できる無料枠が用意されている使いやすい地図サービスです。GoogleMapsAPIの登録はGoogleアカウントを利用します。

    Googleアカウントも無料で取得できます。

    GoogleMapsAPIの登録では2つの料金プラン、2段階の無料枠が用意されています。

    料金プランは標準版とプレミアム版が用意されており、アクセス数に応じて選択可能です。

    GoogleMapsAPIが気になる方に必見の情報です。

    主なサイトでのGoogleMapsAPIの利用は標準版で十分と言われており、ウェブ、スマホアプリ問わずまずは標準版での利用が推奨されています。
    プレミアム版はウェブでの申し込みができず、代理店経由となります。

    今までに培ったノウハウを活かし、OKWave情報を調べるならこのサイトです。

    GoogleMapsAPIの登録では本人確認をしなくても登録可能ですが、クレジットカードやデビットカードで本人確認をするだけで無料枠が大幅に増えるので注意したいところです。無料枠としてはアプリから地図上のデータを取得する際に1日あたり15万件まで引き上げられることも注目したいところです。


    APIについては地図を単に呼び出すだけでは課金されないケースがほとんどです。

    ただし、呼び出した地図データは広告が入りますので注意したいところです。
    広告を外したい場合にはプレミアム版の利用が必要ですが、多くの場合、地図の広告はささいな問題として無料版を利用するケースが多いようです。



    また、スマホでの利用は更に無料枠が多く設定されています。