• GoogleMapsAPIの追加料金

    GoogleMapsAPIはスマホやウェブでほぼ無料で使える便利な地図サービスですが、取得するデータによっては追加料金がかかるケースがあります。


    GoogleMapsAPIで無料で使えるサービスは主に地図データの呼び出しです。

    GoogleMapsAPIについて紹介しています。

    ウェブ、アプリ問わず、地図を呼び出すだけならほぼ無料で利用可能です。一部利用日数で課金されるケースもありますが、一般的には無料で地図を表示可能と言われています。


    GoogleMapsAPIで追加料金がかかるのはデータ呼び出しです。
    特にウェブでGoogleMapsAPIを利用する際には注意が必要です。


    ウェブで地図を埋め込むだけなら無料ですが、地図上でお店の情報や建物情報を表示する際にはアクセス数で追加料金となります。

    Yahoo!ニュースの情報はココで集まります。

    GoogleMapsAPIで用意されているデータはお店情報、2地点距離、ルート検索、ジオコーディングなどです。


    これらはJavascriptなどで簡単に呼びだせますが、1日あたりの無料アクセスカウントが決まっています。



    無料で使える枠を超えた場合はAPIでエラーが返されることになりますが、クレジットカードやデビットカードが登録してあれば課金されてAPIが利用できるようになります。

    料金については無限に課金されることはなく、1日あたりの課金総額を設定することになります。無料で使いたい場合でもクレジットカードやデビットカードを登録することで無料枠が増える特典が用意されています。