• GoogleMapsAPIのスマホ利用の料金

    GoogleMapsAPIはウェブでの利用が多かったのですが、急速にアプリでの利用が進んでいます。iosやandroidなどの各種アプリからGoogleMapsAPIを利用するには専用の呼び出し関数を利用することになりますが、ウェブよりも簡単であり、無料で使える範囲が広く設定されています。

    GoogleMapsAPIをスマホアプリで利用するには主に地図の呼び出しと地図上のデータ呼び出しで方法が違います。

    GoogleMapsAPI情報選びに特化したポータルサイトです。

    地図の呼び出しは、ウェブ同様に無料で利用可能です。アプリで地図を表示するだけなら回数無制限で利用できるのも嬉しいところです。
    データの呼び出しについてもウェブからの利用に比べて無料枠が多く設定されており、さらにクレジットカードでほんにん確認をすることで無料枠を増やすことも可能です。

    Yahoo!知恵袋が評判になっています。

    料金については1日あたりのアクセス数によって変わってきます。



    料金については各種データの呼び出しでAPIのカウントが変わってきます。特に地図サービスで有効な距離、ルート計算などは必須とも言えるサービスですが、1日あたりの利用数が2500まで無料化されているのもうれしいところです。


    大規模サイトでは足りないとも言える回数ですが、プレミアム版を用意することで料金を下げることが可能ですし、プレミアム版を利用しなくても無料枠を超えた場合でも1000回まで0.5ドル程度の低価格料金なので利用するサイトが増えており、好評を得ています。